上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【日本製】BR-9000【最高峰】

んー。結構乗り気なのでブログ更新しちゃいます。


新車になって、二つほど失敗点があって自分の不備ではなく作り手さんなのですが()

スラムのブレーキアーチが短すぎてパッドが当らないっていう不良が発生、あとFメカ台座も予定よりも上。

Fメカ台座は52Tギリギリで装着できるのでまだマシだったんですが。

ブレーキ台座はねぇ。。流石に。

で。店の56時代の105だとギリギリ使えるのでシマノ製を買う事に、BR-6800は装着できる事を確認。

とりあえず1ヶ月ぐらい105で過ごしてました。
アルテは艶が無いのが気に食わない。

気付いたら
IMAG0010.jpg

届いてた。全然確認せずに68とアーチの長さは一緒だろって思って買いました。後悔はしてません。

IMAG0012.jpg

今回のデュラは構造体のじゃなくて剛体に近いものを感じますね。あと引きの滑らかさ。

ワイヤーもデュラ化したかったけど、新車時にワイヤーを変えたばかりなので今回は見送り、半年後ぐらいに考えます。

IMAG13.jpg

まさかのギリギリ。まぁ、問題ないっちゃ無いし、むしろクリアランスを最大限に使ってる気がしますね。太いタイヤが使えますね。でもシートチューブとのクリアランスで25c限界っぽいけどね。

アルテとデュラだと、キャリパー内のベアリング2つの内アルテだと1つはブッシュに変ってる以外にも
シュー船を取り付ける足と穴の長さも違いそう。デュラは軽量路線をとってる証拠なんでしょうけど。

ブレーキ面とのクリアランスはどうせ、買い換えてもカンパ系列だし、まぁ問題は起こらないでしょう。

パッドのアタリを出しを兼ねて北摂へ、流石に寒い感じがしますね。登ると丁度良くなる。


人の後ろに着いたときに絶妙なブレーキをするときがありますが、
今まではブレーキをかけすぎるという現象に絶妙な悩みがありましたが、微妙なブレーキも巧みにこなして、決して弱い減速ではなく、強すぎる減速でもない絶妙な減速をさせてくれます。

現行のDURAはストッピングパワーや剛性が表面上では評価されてますが、絶妙なブレーキ加減もしやすさが自分の中で一番の評価点ですね、

あと、フレームとのカラーリングの相性の良さ。見た目は重要ですね。

今、106号機は840kmほど走ったことになってて、あと160kmで1000kmに到達します。

まぁ、ポジション出しが終わって間もないけど、ぼちぼちインプレを下書きしようと思います。
[ 2014/01/18 23:57 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mindslaver.blog57.fc2.com/tb.php/424-d48c341c